FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報管理は重要事項 

どこから情報がリークされたのかは別として、とんでもない事態を招いてしまいましたね。民事再生手続きを申し立てると仮定すると、当然、債権者に現在の債権の全額が返って来ません。例えば、本来100円回収されるべきものが、民事再生による弁済が、例えば20%弁済と仮定したら、債権者には20円しか弁済されないことになります。

当然、裁判所による(再生手続開始の決定があるまでの間)、再生債務者の業務及び財産に関し、仮差押、仮処分その他の保全処分命令が出ていないのですから、法的には何も護られていない状態です。不安になった債権者が殺到し、取り付け騒ぎが起きても不思議でありません。

この様な法的整理を使った事業再生案件では、民事再生手続を検討している事実は、機密中の機密事項であるべきで、情報管理が極めてお粗末です。

情報をリークすれば、この様な状態を招くことは、誰にでもわかる事です。同社は全力を挙げて、情報を漏洩した人物を特定し、機密保持契約違反があれば、損害賠償を請求すべき話だと思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。