FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本企業、韓国へ「脱出」(日経新聞)を読んで(再掲) 

2年前(2011年8月)の警鐘が...。

 

日本経済新聞が気になる記事を掲載していました。

 

日本企業、韓国へ「脱出」というタイトルで、我が国の企業が技術的に優位にあると言われている炭素繊維、石油化学など産業が、なんと韓国に生産拠点の移動を行い始めたという内容です。

 

韓国に日本から生産拠点を移す理由は、移転の理由として、韓国の産業用電力は日本と比べ料金が4割程度。法人税の実効税率も日本の約40%に対し24%。製造業のワーカー(工員)の賃金も日本の4割程度。工業用地や電話やインターネットなどの通信費、産業用水道料金も軒並み安い。就職難で、優秀な若い人材を採用しやすい。月には欧州とFTAが発効。米国とも政府間では合意済み。などが挙げられています。

 

我が国の政府が取るべき政策をすべて先手を取られていると言っても過言ではありません。

 

記事でも触れていますが、技術流出の懸念や強力な労働組合、歴史問題に起因する日韓関係(テレビで報じられる日の丸に火をつけ燃やす行為。我が国の領土である竹島が韓国に実効支配されている点などでしょう)などの数多くのリスクがあります。


私が以前、あるM&A仲介会社勤務時に、韓国企業が日本の中小企業の買収を検討した時の事です。以下は、こちらをクリックしてください

AUTHOR: その蜩 DATE: 09/07/2011 16:54:14 韓国は中国と同じく、随分無理をしてる国ですから、もはや韓国内の社会問題は抜き差しならないレベルまで来ていると思います。 実際、日本駐在の韓国紙の記者が書いた記事にも客観的な今の韓国の状況が語られてましたが、実に酷いです。 今は、国を挙げての事業振興で補助金がふんだんに出てますが、ドーピングとも言える行為で先走りをしすぎたせいで、韓国の国内企業はすっかり疲弊し、財政もかなり危機的状況まで来てます。 そして、サムソンにあらずば人にあらず、みたいな状況も益々強まってますよね。 日本では韓国に関しては賞賛報道ばかりで、こういう問題は殆ど報道される事はないですが、これらが現実の問題として吹き出すのは時間の問題だと思います。 そう考えると、韓国のカントリーリスクも中国と変わらずあるのではないかと思うんですね。 例の親日断罪法案みたいな、法律の常識では考えられないような事まで罷り通る国ですし…。 それはそれとして、確かに日本が取るべき政策を先手とられてるというのは間違いないと思います。 日本は麻生政権は兎も角、民主党政権になってから絶望的に全てが駄目ですから。一切が停滞し、今や日本は良い草刈り場…。 兎も角、政権交代の後でしょうが、日本は教育のレベルから再構築しなければ、もう持たないと思います。 個人的に絶対やるべきだと思うのは、国立大学の無償化。更に優秀な学生には報奨金を出すべきです。 そして、無駄な三流私大に出す補助金を止める事。少子化と良いながら、補助金目当てに毎年のように三流私大が開校し、学生が集まらないから中国から輸入している。 こんな無駄にカネを垂れ流すのは止めるべき。 もう一つは、高校卒業者、中学卒業者の活用です。 必要も無いのに大学に行く必要は無いと思います。大学は学問をしたい人が行けば良いところだと思います。 国が、企業に対して高卒者を正規雇用するように指導し、雇用する企業に関しては優遇すべきだと思います。 高卒者の人件費は大卒者に比べるとぐっと安いですが、会社が昔のように寮や社宅など住むところを用意するようになれば、安定した暮らしが保証できるので、これだけ不正期労働者が増えてくると、高卒で就職する人も増えると思います。 金の卵、再び。日本に活力を作ると思います。 いかがでしょうか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kachitas.blog133.fc2.com/tb.php/407-0a04207e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。