FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます。 

明けましておめでとうございます。

平成25年のM&A件数がもうじき公表されるものと思いますが、平成24年11月までのM&A成約件数を考えますと、平成25年の日本企業が関連したM&Aの数は、約2000件になるだろうと予想しております。これは、平成21年度のM&A件数とほぼ同水準であり、M&A市場もようやくこの数年続いた低迷期から脱し、5年前の水準にまで急回復したものと感じます。

平成25年は、アベノミクス効果により、日経平均株価が16000円を超えて前政権当時の2倍以上になり、また、政府の積極的な招致活動が実り東京オリンピックの開催も決定しました。この数年は我が国の経済が順調に成長していくものと感じます。

過去3~4年間は、デフレ進行と急激な円高により、我が国の経営者の多くが、M&Aをはじめとする投資に対して慎重な姿勢をとられていましたが、政権交代後、昨年の春頃から、各社にM&Aを再開しようという機運が出てきたように思います。以前、M&Aのアドバイスをしたお客様から弊社に「また、M&Aの検討を再開するから。」というご連絡も数多く頂きました。誰が政権を持っているかで、この様に経済に大きな差が生まれることを痛感した一年でもありました。

為替相場に大きな変化が起こらない限り、IN-OUTは横ばいとなり、脱中国の動きは加速する一方、IN-INは業界再編の更なる加速により、事業統合を中心とした動きが、更に活発になるものと思います。

弊社の成約実績は、例年の通り2月までにHPで更新致します。

私どもは小さなM&A専門会社ですが、得意領域や上場企業を中心としたネットワークを活かして、今後とも上場企業の選択と集中、経営不振企業の企業再生を核に「お客様の価値を足す」ミッションを果たしていく所存です。

本年も宜しくお願い申し上げます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kachitas.blog133.fc2.com/tb.php/427-9bb0a1b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。