スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年のM&A市場予想の結果 

2012年12月にM&Aレビュー誌(2013年1月号)向けに、「2013年のM&Aはこうなる」を寄稿させて頂きました。1年経ち、2014年1月6日に、レコフデータ社が2013年のM&A市場の結果を発表しましたので、今日はこの話題に触れます。

まずは、2013年のM&A市場に関する統計を発表したレコフデータ社について報じる産経新聞の記事です。

M&A(企業の合併・買収)助言のレコフが6日発表した2013年の日本企業関連のM&A動向によると、事業譲渡や出資を含むM&Aの件数は前年比10.8%増の2048件、金額は29.3%減の8兆4597億円だった。日本企業による中国企業へのM&Aがほぼ半減した一方、東南アジアに対しては件数、金額とも過去最高。日中関係悪化を受けた「チャイナ・プラス・ワン」の流れが鮮明だった。

次に、私が2012年12月に書き、M&AReview誌(2013年1月号)に寄稿しました記事です。(ダブルクリックすると拡大します。)

mareview1
mareview2

概ね、当たっているのではないか?と自画自賛しております。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kachitas.blog133.fc2.com/tb.php/428-17de77e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。