FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ合衆国でのM&Aが変わりそうです 

アメリカ合衆国大統領選挙で共和党のトランプ候補が当選し、アメリカ合衆国の政策が大きく変わることは明らかですが、M&Aにも波及しそうです。

アメリカ合衆国にはエクソン-フロリオ条項があり、外国企業による国家安全保障に影響を与える企業買収を阻止する制度があります。これまで目立った動きはありませんでしたが、リベラル色の強い政権から保守色の強い政権へ移行するせいか、国家安全保障に影響を与える企業買収を止める方向に舵を切ったと判断します。

我が国にも同じ制度が必要ですが、まだ法制化への動きが見えないことが残念です。のんびりしていますね。

(ダイアモンドの記事から転載)

中国国有企業による米企業買収を阻止すべき=米議会報告書

米議会の諮問機関である米中経済安全保障調査委員会(USCC)は16日、議会に年次報告書を提出し、中国国有企業による米企業の買収を阻止するために行動するよう求めた。

中国共産党が安全保障上の目的を果たすために国有企業を利用していると指摘した上で、「議会が対米外国投資委員会(CFIUS)に関する法律を改正し、中国の国有企業が米企業を買収したり、経営権を握ったりするのを阻止することを提案する」とした。

CFIUSは財務省、国防総省、国土安全保障省などからなり、外国企業による米企業の買収が安全保障や重要なインフラに脅威をもたらすと判断すれば、中止を命じることができる。USCCの提言が実現した場合、実質的に中国国有企業による米企業買収が全面的に禁止されることになる。

USCCのデニス・シェイ委員長は記者会見で「中国の国有企業は政府の手先だ」と断じ、「米政府が国内企業を取得することを好まないのに、中国共産党政府が米企業を買収することをなぜ望むだろう」と述べた。

また報告書は、米商務省が中国を「市場経済国」と認定する前に議会承認を得ることを義務付けるよう法改正すべきと指摘した。

トムソン・ロイターのデータによると、中国本土の企業が絡んだ米企業の買収は今年645億ドルで、中国の投資先としては米国がトップとなっている。

(原文は以下のリンク)

http://diamond.jp/articles/-/108414

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。